RAID1構成のHDDからデータ救出した話

家で運用しているNASが経年劣化らしくお亡くなりになったのでHDDからデータ救出しました。

使用したのはmdadmというソフトウェアRAIDのディスクを管理、構築するものらしいです。

参考にしたのはこちらのサイトというかPDF:

http://www.jaist.ac.jp/tech/archives/h27/pdf/17_fukushima

ほぼ同じような流れでやってますのでPDFの方を見たほうがよさげ。

 

以下実施した作業はUbuntu 18.04 LTS上で行っています

HDD接続

これは簡単、単にHDDをPCにつなげるだけ。

RAID1なので2つあるうちの1つだけでOKです。

SATAケーブルが余っていればマザボに繋げるとかしましょう。

私は以前密林で買っていたサンワサプライSATA-USB3.0変換ケーブルを持っていたのでそいつで繋げました。

安いし電源安定化のためにコンセントから電源取れるし、あったら便利な奴だなと思います。

サンワサプライ SATA-USB3.0変換ケーブル 0.8m USB-CVIDE3

サンワサプライ SATA-USB3.0変換ケーブル 0.8m USB-CVIDE3

  • 発売日: 2011/03/08
  • メディア: Personal Computers

データ救出準備

ソフトウェアRAIDディスク管理、構築用ソフトウェアであるmdadmをインストールします。

普通にUbuntuの公式リポジトリにあるのでaptで落としてきます。 

$ sudo apt install -y mdadm

私の環境ではインストールしたら自動的にHDDのRAIDが認識されたのでPDFみたいな面倒な手順は必要ありませんでした。

もしも以下の画像みたいにmd*みたいなものがそれぞれのパーティションにくっついてなければPDFの方を参考にやってみてください。

$ lsblk

sde 8:64 0 2.7T 0 disk 
├─sde1 8:65 0 4G 0 part 
│ └─md0 9:0 0 4G 0 raid1 
├─sde2 8:66 0 512M 0 part 
│ └─md1 9:1 0 512M 0 raid1 
└─sde3 8:67 0 2.7T 0 part 
└─md2 9:2 0 2.7T 0 raid1

おそらく容量が一番大きいmd2にデータがあると思うのでこれをマウントします。

しかし何かマウントできない。

$ sudo mount /dev/md2 /media/raid_disk/
mount: /media/raid_disk: 未知のファイルシステムタイプ 'LVM2_member' です.

LVM2_memberとあり、これはどうやらLVMパーティションがあるから出てくるエラー表示らしい。

とりあえずLVM扱うのでlvm2パッケージをインストールします。

sudo apt install lvm2

LVM論理ボリュームを確認します。

$ sudo lvscan
  inactive          '/dev/c/c' [2.71 TiB] inherit

inactiveであるので有効化します。

$ sudo lvchange --available y /dev/c/c

こうすればあとはマウントするだけです。

$ cd /media
$ mkdir raid_disk
$ sudo mount /dev/mapper/c-c /media/raid_disk/

データ救出

上の項目でマウントできたので、あとは普通のドライブと同じようにnautilusとかのファイルマネージャーで必要なデータを救出してください。

f:id:abc10946:20200731215159p:plain